中山記念 阪急杯 日刊コンピ 異常値の法則

 

日刊コンピ指数と単勝オッズをチェックし、
異常値を示した馬を狙う馬券術。

 

 

日刊コンピ 異常値の法則

 

 

2019年2月24日(日)に行われた
阪急杯と中山記念を検証してみました。

 

 

 

■阪急杯

 

日刊コンピ指数では2位であったレッツゴードンキですが、
直前の単勝オッズでは4番人気となっていました。

 

 

コンピ評価よりも実際のオッズが高くなっていて異常値となっています。

 

 

結果は、2着。
複勝230円の配当でした。

 

 

■中山記念

 

ウィンブライトがコンピ4位⇒単勝オッズ5番人気

 

異常値を示していた馬はこの馬のみ。

 

結果は、1着。
単勝700円、複勝190円の配当が的中しています。

 

 

今週は、阪急杯、中山記念共に「日刊コンピ異常値の法則」に該当する馬が激走しています。

 

 

 

「日刊コンピ 異常値の法則」は、単純にコンピ順位を単勝人気が下回っている馬を狙えばいいのではなく、ある条件に該当した馬がコンピ順位と単勝人気順でズレが生じているかをチェックします。狙い方等の詳細についてはマニュアルに記載されています。

 

 

詳細はココ⇒日刊コンピ 異常値の法則

 

 

  



 
トップページ infotopで好評の競馬商品 無料メルマガ 競馬運用利殖ソフト比較